2014/10/17 更新

結婚式・披露宴を盛り上げる余興

結婚式では新しい門出を迎えた二人を祝い会場を盛り上げるための余興は欠かせません。余興と言っても様々で、会場全体をしんみりと感動させるものもあれば、会場全体を笑いに包むような楽しい余興など色々とあります。新郎新婦に喜んでもらうのが第一目的となる余興で、これならきっと結婚式は盛り上がる!と (管理人個人が)感じた面白い余興をこのページではご紹介します。

余興をする前に・・・

結婚式は本来、慎ましやかに執り行われるものであり派手に馬鹿騒ぎをするイベントではありません。ましてや、余興によって新郎新婦を始めゲスト達に不快感を与えるようであっては全く意味がありません。結婚式の余興とはあくまで新郎新婦を祝福する目的で催すものなので、場の雰囲気を壊してしまうような余興は論外となります。どれだけ親しい友人といえども「親しき仲にも礼儀あり」の心を守り、無礼講と言われても羽目を外しすぎない程度に、面白い余興をしてあげましょう。

余興の定番はカラオケ

余興といえばカラオケ

結婚式では新郎新婦は基本的に祝ってもらう側となるので余興を自ら行うことはありません。が、結婚式の余興としては定番のカラオケで、あえて新郎・新婦にマイクを渡して歌ってもらうという少々強引な余興というにもなかなか面白いものです。最初は余興を行う人が出てきて途中まで歌い、歌っている最中徐々に新郎・新婦のところまで歩み寄り、サビの部分で新郎新婦にマイクを渡すという流れにすると一層面白くなるでしょう。ここでも問題点は余興で流す歌を新郎新婦両方が知っていないといけないということであり、全く知らない歌を振られてもマイクを持って固まってしまうので、二人が知っている有名なラブソングをリサーチしておくといいと思います。サビを歌ってもらったらマイクを返してもらい、最後まで余興の人が歌い終わった後に一言お祝いのメッセージを贈って完了です。定番のカラオケでもちょっと手法を変えるだけでエンターテイメント性が増すステキな余興となります。

花嫁はどれだ?

この余興は新郎・新婦側どちらでもいいので、ゲストから女性を数名募る必要があります。方法はいたって簡単で、目隠しをつけた新郎の前に新婦を含めた女性を複数並べ、女性3名が順に新郎の手を握ってもらい、新郎が花嫁の手を選べるかどうかを見守るというものです。左手だと指輪をつけているorつけていない等で判断できてしまう可能性があるので、できるなら右手の方が好ましいでしょう。新郎には手を握ってもらった複数の女性の中から、花嫁だと思う手を強く握ってそのまま腕を挙げてもらいます。そこでようやく新郎の目隠しを取り実際に手を握った女性と向かい合ってもらう、という流れです。結婚式という場においては少々いじわるなイタズラ余興ですが、当たっても外れても大盛り上がりすること間違いなしです。見事花嫁を引き当てた新郎には拍手を贈ってあげましょう。

余興紹介ページではありますが、今のところ二つ程度しか紹介できません。申し訳ありません。上記以外にも面白い余興を探しているので、管理人が見つけた面白い余興をこれからどんどん追加していく予定です。余興の真髄は「新郎新婦よりも目立つことなく」「会場全体の雰囲気を良くし」「余興している本人を含めた全員が楽しめるもの」を選ぶことです。結婚式の余興を考えている方はこれらのことを肝に銘じておきましょう。

check

あなたの愛犬がもっとかわいくなること間違いなし!

かわいいドッグウェア ・アクセサリーのセレクト通販ショップ【HotChocolate】

どの季節のお洋服でも買取ります。

子どもの洋服買取

「あの人に会いたい」というあなたの想いにお手伝いします。

東京で24時間営業の【人探しネット】

売却成功のポイントを教えます。

高松市 不動産売却

ブランドアイテムも多数ご用意しています。

ルアー 通販